全国で通える、おすすめサッカースクールを比較しました!

サッカースクールで学ぶだけではなく自主練習をしよう!


学校に通うと多くのことを学びます。

学校は一定の期間が定められているので、同じことを何度も教える時間はありません。

となるとそれを身につけるには自分で復習する必要があります。

スポーツのスクールでも同じと言えるでしょう。

 

リフティングは自宅などで練習する

スポーツを行うとき、基本動作が大事になるときがあります。

遊びでやる分にはどんな動作でも構わないでしょうが、高いレベルでプレーをするならまずは基本動作ができないといけないでしょう。

その意味が分からないと基本動作を身につける為の練習は面白くないと感じるかもしれませんが、身についたときにはその重要性がより分かるようになります。

野球の打者であれば素振りが非常に重要ですし、投手ならシャドーピッチング等を繰り返し行うことで、基本動作を自分のものにしていきます。

これらの練習は一人で行うことができます。

チームで行うスポーツとなると普段の練習時間はチーム全体で行うことになり、なかなか一人での練習はできません。

チーム練習以外に自宅などで自分で行うことになります。

スクールでは互いにボールを蹴ったりしながら学ぶのでしょうが、それだけでは実力がアップしません。

サッカーにおける基本動作を学ぶ手段としてはリフティングがあるでしょう。

ボールを地面につけずに足や頭、手以外の体を使ってコントロールします。

この練習は自主練習で身につける必要があります。

スクールにおいてはよほどのことがない限りリフティングの練習の時間などは設けられません。

スクールに入りたての時はもちろんですが、スクールの上級生やトップクラスになっても常に行うと良いでしょう。

日頃から行うことでプレーに生かせるようになります。

弱点があるならそれを解消するための練習

同じ学年だからと言ってすべての子が同じ体格で同じ体力があるわけではありません。

身長が高い子や体重が重い子、そしてその逆の子達もいます。

体力に関しては足が速い子もいれば遅い子もいますし、力がある子もいればない子もいます。

同じ学年でもそれなりに差があるのに、学年が変わるとなるとさらに差が大きくなるときもあります。

小学校の1年生と3年生や6年生などはかなり違いがあるかもしれません。

サッカースクールで学ぶようになると色々なことが分かってきます。

まずは体格の違いによる問題を感じるかもしれません。

スクールはある程度学年などでクラス分けをしてくれますが、それでも一緒に練習をするメンバーで差が出る時があります。

体が小さければ大きい子に負けてしまうので、そのままスクールで練習しているだけではいつまでもボールを取れません。

その弱点があるなら自主練習で解消できるように練習をするとよいでしょう。

大きいと力などは強いですがあまり小回りがきかないときがあります。

一方小さい子は小回りがききやすいです。

その点を生かしたプレーができるよう自分で練習しておくと、スクールにおいてもボールを持てるようになるかもしれません。

何もしないでただスクールに通っているだけだと、ただ走るだけで終わってしまい実力をつけることができません。

いかにボールに触れるようになるかを自分で考えて、そのための努力をするようにしましょう。

人がやっていないときに行えば差をつけられる可能性があります。

教わったことや学んだことを身につける

学校では毎日いろいろなことを学びます。

その日初めて知ることもあるかもしれません。

その話を聞いてなるほどと感じることもあるでしょう。

そのままにしておいたらその話はどうなるでしょうか。

いつの間にか頭の中から消えてしまうかもしれません。

学校では毎日のように新しいことを学びますが、それを身につけるには復習をする必要があります。

たくさん宿題を出す先生を嫌だと感じることもあったかもしれませんが、宿題は復習を自分でできない子にぴったりの仕組みと言えるでしょう。

宿題と同じことを自分で行えるようになると、どんどん自分から勉強できるようになり、学力もどんどんついて行くのでしょう。

サッカースクールに通うようになると、その日ごとにいろいろなことを学びます。

メンバーとプレーをしていて気がつくこともあるでしょうし、メンバー同士で指摘をし合うこともあるでしょう。

監督やコーチからこうした方がいいなどと教えてもらうこともあります。

さてこれらのことをそのままにしていて身につけられるかどうかです。

スクールにおいては色々なことを教えてもらえますが、基本的にはその時だけです。

となるとそれを身につける機会がなくなります。

教わったことや学んだことは自主練習をすることで身につけていく必要があります。

サッカーは相手があるスポーツなので必ずしも一人でできない練習もあるかもしれませんが、その場合は友達や親、兄弟などに協力してもらって練習すると良いかもしれません。

 

サッカーの基本としてリフティングがありますが、スクール内でリフティングの時間はほとんど設けられません。

できるようになるには自分で練習するしかありません。

弱点も自分で練習して解消しないと良いプレーを行うことができません。

サイト内検索
サッカースクールランキング!
リベルタサッカースクール
クーバー・コーチング・ジャパン
ソルティーロ
明光サッカースクール
トーマスサッカースクール
サッカースクールSKY
J-フロンテッジフットボールスクール
CTTサッカースクール
JSNサッカークラブ
ユアササッカークラブ