全国で通える、おすすめサッカースクールを比較しました!

サッカースクールの月謝はどれくらいかかる?

サッカースクールの月謝はどれくらいかかる?

現在では、サッカースクールに通う子どもが増えています。
それは小学生だけでなく幼稚園児や保育園児といったまだ義務教育が始まる前の子どももサッカースクールに行かせるケースも多いです。
また2002年には日韓共同でワールドカップが開催されたことがきっかけで、大都市圏のみならず地方都市にまでたくさんのサッカースクールが開校しています。
ですがそのたくさんのサッカースクールが全て同一の料金ではないのです。
また練習方法もサッカースクールによって大きく違いますし、監督やコーチなども経歴などが異なります。

そんな中で子どもをサッカースクールに通わせたいと考えた場合、練習方法やコーチの経歴も気になりますが、特に心配なのが毎月の費用です。
どれくらいかかるのか分からないという人も多いでしょう。
一体サッカースクールに通わせると月謝はいくらかかるのでしょう。

 

サッカースクールには2つのタイプがある

まずサッカースクールには、スポーツ少年団とクラブチームの2つのタイプがあります。
これは費用的な部分でも違いが出てきますが、運営方法も異なります。
そのため後悔しないように前もってチェックしておかなければいけません。

 

◆スポーツ少年団◆

まず、スポーツ少年団から見ていきましょう。
これは地元中心に活動を行っているサッカースクールで、費用はあまりかからないことがほとんどです。
これはコーチや監督などもボランティアに近い形態で募集をしているので、人件費が大きく抑えられるからです。
また他の特徴として、お手伝いやサポートなど保護者の負担が大きいことがほとんどです。

〇費用の内訳

そしてスポーツ少年団のかかる費用は、まず初期費用として、

「入会金」

「用具代」

「年会費」

3つが挙げられます。
入会金に関しては運営費や設備代などに当てられることが多く500円から3000円くらいのところがほとんどです。
また用具代についてはスポーツ少年団の規模や練習場所の確保などに生じるもので、およそ4000円から10000円くらいかかります。
そして、年会費については雑費として色々な費用に使われます。
こちらは、2000円から4000円くらいのところが多いです。

また、他にかかる費用が月謝です。
これはだいたい3000円から5000円くらいに設定されているところがほとんどです。
さらに学校が夏休みや冬休みの長期休暇に入ることを利用して合宿や遠征を行うところもあります。
これは、スポーツ少年団によって回数にかなり差はありますが費用としてはだいたい15000円から30000円くらいかかります。

以上がスポーツ少年団でかかる費用となります。
これらをトータルで合わせると年間でおよそ57000円から100000円くらいとなります。

 

◆クラブチーム◆

そして、クラブチームはどうなっているのでしょう。
まず、初期費用の入会金と用具代と年会費に関してですが、これらは基本的にスポーツ少年団と比べてかなり割高になる傾向があります。
まず入会金と年会費に関しては7000円から12000円くらいが相場で、また用具代も6000円から12000円くらいとなります。

さらに毎月かかる月謝でも同じ傾向があり、毎月6000円から15000円くらいのところが多いです。
また合宿や遠征に関する費用はあまりスポーツ少年団と変わらず15000円から30000円くらいです。

以上がクラブチームでかかる費用となっています。
これらを年間トータルで合わせると10万円から25万円程度かかる計算となります。
そのためスポーツ少年団より2倍から4倍くらい多く費用がかかってしまいます。

 

なぜクラブチームは費用がかかるの?

この理由としてはコーチや監督がボランティア的なものではありません。
専属のコーチや監督を雇っているので、かかる費用がスポーツ少年団より高くなってしまうということが挙げられます。

しかし、そのかわりクラブチームでは質の高い指導や練習をすることができます。
少年団のコーチや監督とは違い専属のプロのコーチが指導や練習に携わるので試合に生かすスキルを得ることができます。

サッカースクールをどこにするかを決める時にコーチや監督によって決めるという子どもは多いです。
どうせサッカーを教わるなら優秀な人に教わりたいですよね。
それならクラブチームを選ぶといいかもしれません。

 

しっかり吟味することが大切!

確かにクラブチームは少年団に比べて費用が高い傾向があります。

しかし、幼少期というのはサッカーのスキルをアップさせるのに一番大事な時期なのです。
またサッカースクールにおいて、入るか入らないかの大切な要素の一つがコーチや監督です。

子どもの目的や将来達成したい目標に合わせてサッカースクールを選べば、不満が出ることもないですし毎日の生活が充実するきっかけにもなるでしょう。
しかしながら、親である以上は費用がどれくらいかかるということは心配です。

しかし安ければいいというわけでもなく、また逆もしかりです。
ですから、

「費用」

「目的」

「目標」

の3つの側面から総合的に判断をすればサッカースクール選びを失敗せずに済みます。

サイト内検索
サッカースクールランキング!
リベルタサッカースクール
クーバー・コーチング・ジャパン
ソルティーロ
明光サッカースクール
トーマスサッカースクール
サッカースクールSKY
J-フロンテッジフットボールスクール
CTTサッカースクール
JSNサッカークラブ
ユアササッカークラブ