全国で通える、おすすめサッカースクールを比較しました!

英語で行うサッカースクールって何?

一流のサッカー選手は世界を舞台に活躍しています。

テレビなどで、日本人選手が外国のチームメートと外国語でコミュニケーションをとったり、インタビューに答えたりする姿を見かけることも増えています。

サッカーも外国語も習い事としては人気で、どちらを習わせようか検討中の保護者の方もいらっしゃるでしょう。

英語を使い学びつつ、サッカーの出来るサッカースクールがあるのをご存知でしょうか。

サッカーの技術を身に着けながら、言語を習得できれば一石二鳥です。

体力づくりと、生きた外国語の両方を一緒に学べるスクールと言えるでしょう。

また、外国人のコーチがいれば日本人以外の感覚や指導方法に触れられる良い機会になるでしょう。

国際的な感覚が要求されるこれからの子ども

サッカー選手など、集団スポーツの選手は様々な国のチームに所属し、プレーをしています。

そのチームには様々な国から選手が集まってきます。

ヨーロッパなどの選手は子どもの頃から何カ国語か話せる人も珍しくありません。

一方、日本人は帰国子女でもない限り外国語を習得するのが難しい環境です。

子どもの体力作りや人間関係の構築のためにサッカーを習うことを検討していて、世界で活躍する選手にまでなるとは考えてない保護者もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これからの世の中は国際化がますます進展していくと言われています。

今の子どもたちが社会に出るころには、スポーツ選手でなくとも外国人とコミュニケーションをとりながら仕事をする時代になっている可能性が高いです。

大学を出ていれば2カ国語以上話せて当たり前と言われている欧米の人たちとも対等に渡り合っていく必要が出てくるかもしれません。

これからの子どもたちは、国際的な感覚を持つ必要性があります。

体の動きと結び付けて覚えると外国語は身に着く

子どもは大人より言語習得が早いと言われています。

しかし、子どもでも日本語と語彙や発音が全く違う言語を覚えるのは容易ではありません。

親が日本人ですと、日常的に使用する頻度は低いため、語彙や言い回しを覚えて口から出るまでにするのは難しいです。

週に一度教室に通っている程度では、なんとなくヒヤリングが出来ても流暢に話すことのできる子どもは少ないです。

ですが、体の動きと一緒に身につけると、暗記しやすく忘れにくいでしょう。

スポーツで使う言葉は動きを表すものが多いので、動詞と合わせてフレーズを覚えることが出来ます。

簡単な日常会話ですと、使われる頻度の高い動詞がいくつかあります。

サッカーをしながら言語を習得するのは効率の良い方法です。

また、毎回決まったフレーズを使うことで確実に身に付き、どんな状況でも口から出るようになってくるでしょう。

コーチが外国人の場合、場慣れできる

日本で生活していると、外国人とコミュニケーションをとる機会はめったにありません。

公立小学校では月に一度程度しか外国人の先生が来てくれない学校が殆どです。

見た目もジェスチャーも大きく異なる外国人と話すことに戸惑う子どもたちも多いです。

中学校、高校と進むにつれて、ますます外国人と話すことに勇気が必要になってきます。

思春期になると、恥ずかしさから外国人と話すことを回避してしまう子どもも出てきます。

こうなると、外国語取得への道は遠くなってしまいます。

特に英語は受験でも最重要科目です。

コミュニケーションに重きを置いた入試制度に変わりつつありますので、将来の為にも外国語に親しんでおく必要があるでしょう。

コーチが外国人の場合、日頃から触れ合うことで外国人と話すことへの抵抗がなくなります。

単に語学を習うのではなくスポーツに親しみながら触れていくので、より親近感がわくでしょう。

コーチはネイティブでなくても、しっかり話せる人なら問題ないでしょう。

ジャパニーズイングリッシュでもコミュニケーションをとれるレベルにまで発音できれば問題ありません。

もちろん、発音が良いに越したことはありませんが、ネイティブでない限り、よほど習得したい言語に触れなければ言葉の訛りはぬけません。

発音も大切ですが、それ以上にいろんな国の指導方法や、感覚に触れることは子どもにとってかけがえのない経験となるでしょう。

 

以上のことより、これからの国際化時代を踏まえ、英語を使ってサッカーを習える教室はこれからの時代にマッチした教室といえるのではないでしょうか。

勉強だと思うと、やる気が出なくなる子が多いですが大好きなサッカーを学ぶ一環だと考えれば、自然と言葉を覚えることが出来るでしょう。

将来、国際的なチームに所属するようなサッカー選手になったら身につけた語学力でチームメートとコミュニケーションをとれるようになるでしょう。

サッカーの道に進まなくても、受験対策にも使えますし、生きた外国語を取得すればいろいろな業界で活かすことが出来ます。

言葉は使わないと口から出てきません。

スポーツ中に大きな声で発話することで、スムーズに外国語が身についていくでしょう。

母語以外の言語を覚えた経験のある人は、ほかの言語を覚えるのも早くなると言われています。

幼いころから外国語に親しむことで、国際感覚のある大人へと成長できる可能性を高めることが出来るでしょう。

サイト内検索
サッカースクールランキング!
リベルタサッカースクール
クーバー・コーチング・ジャパン
ソルティーロ
明光サッカースクール
トーマスサッカースクール
サッカースクールSKY
J-フロンテッジフットボールスクール
CTTサッカースクール
JSNサッカークラブ
ユアササッカークラブ